スポンサードリンク

2007年04月05日

保育士の養成校に通う場合

保育士の養成校は、必要な単位を修得して卒業すれば、確実に保育士になることができます。

他にも養成校の利点として、授業を通して、さまざまな実践的な知識や技術を学ぶことができ、同じ目標をもった仲間たちに出会うこともでき、刺激しあうことができます。それ以外にも、就職活動は学校がサポートしてくれるといった利点があります。
養成校に比べ、保育士試験で資格取得を目指すには、まず、受験資格を満たすため、高校卒業後に2年以上の児童福祉施設での実務経験が必要です。その実務経験を積んだ上で、さらに試験に合格しないと資格を取得することはできないのです。
これらのことを踏まえて考えると、その2年間を養成校での勉強に当てるほうがより早く、確実に資格を取得することができます。

   
posted by ghuiw at 10:47 | 保育士の予備知識

2007年04月03日

保育所と幼稚園の違いは?

保育所と幼稚園はどう違うんでしょうか?

保育所と幼稚園では管轄が違います。保育所は厚生労働省が管轄する児童福祉施設であり、幼稚園は文部科学省が管轄する学校教育施設です。

・保育所
保育所は児童福祉施設であり、保護者が仕事や病気などの理由で保育に欠ける状態であることが入所の条件となります。保育所に入所する際、市町村が入所の可否を判定するため、市町村と保護者の間で契約を交わします。

・幼稚園
幼稚園の場合には、基本的に入園に関する条件はなく、私立などで試験があるところは、試験に合格すれば誰でも入園ができます。この場合は保護者の面接も重要です。契約は幼稚園と保護者との契約になります。

対象年齢は、保育所は子どもを預かることが目的の施設です、ですので子どもの対象年齢は0歳からですが、幼稚園は教育することが目的なので、3歳からになっています。

   
posted by ghuiw at 10:32 | 保育士の予備知識

2007年04月02日

保育士の勤務時間

保育士の勤務時間に関してはどうなってるんでしょうか?

ほとんどの保育士は一般の公務員と違ってシフト制になっていて、不規則な勤務体制になっています。

保育士の勤務時間は一般の公務員と同じ8時間ですが、保育所の開所時間に合わせて、時間を少しずらしながら交代で勤務する形態がとられています。だいたい5通り以内のローテーションを採用しているのが一般的ですが、私営の保育所や東京23区、政令指定都市などにある保育所などではローテーションの種類が多くなる傾向があります。

11時間を越える延長保育を実施する保育所などでは、常勤保育士と短時間保育士を組み合わせて対応する形をとっています。

   
posted by ghuiw at 10:49 | 保育士の予備知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。