スポンサードリンク

2007年03月27日

保育士になるには

保育士とは保母、保父の総称です。保育所で、乳児から小学校就学までの幼児を保育する人をいいます。
厚生労働大臣の指定している、保育士を養成する学校や施設で一定の科目を修得しするか、都道府県知事の行う保育士試験に合格することが必要です。
その後に、都道府県の保育士登録簿に登録し、はじめて保育士として働くことができます。

保育士は、年齢に関係なく続けられます。仕事の上でハンデとなりがちな結婚・出産も経験として活かせる、女性にとっては特に有利な仕事といえます。   
posted by ghuiw at 19:43 | 保育士について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。