スポンサードリンク

2007年04月05日

保育士の就職先を探そう

保育士資格が国家資格になったことで、養成校の数も保育士資格取得者の数も増加傾向にあります。しかし認可保育所や児童福祉施設への就職は、募集が少ないためなかなか難しいのが実状です。

公営でも私営でも認可保育所や児童福祉施設の場合、職員募集は、事業の拡大や新規開設などで増員する機会を除けば、現在の職員が退職した場合の補充として募集する程度だからです。
しかし、就職希望者は新卒者だけでなく、年齢制限内で何度でも採用試験にチャレンジすることができるので、採用へはより狭き門になります。
どうしても公営に就職したいと考えるならば、全国の保育所に目を向けてみたり、非常勤保育士や短時間保育士という道もあるのです。認可外保育所で働きながら、公営保育所への就職のチャンスを待つ方法もあります。
ただ公営保育所への就職を最終目標にしないことです。
何が自分にとって大切か考えてみましょう。

   
posted by ghuiw at 12:48 | 保育士の求人

保育士の養成校に通う場合

保育士の養成校は、必要な単位を修得して卒業すれば、確実に保育士になることができます。

他にも養成校の利点として、授業を通して、さまざまな実践的な知識や技術を学ぶことができ、同じ目標をもった仲間たちに出会うこともでき、刺激しあうことができます。それ以外にも、就職活動は学校がサポートしてくれるといった利点があります。
養成校に比べ、保育士試験で資格取得を目指すには、まず、受験資格を満たすため、高校卒業後に2年以上の児童福祉施設での実務経験が必要です。その実務経験を積んだ上で、さらに試験に合格しないと資格を取得することはできないのです。
これらのことを踏まえて考えると、その2年間を養成校での勉強に当てるほうがより早く、確実に資格を取得することができます。

   
posted by ghuiw at 10:47 | 保育士の予備知識

2007年04月04日

保育士資格を取得する方法

保育士資格を取得するにはどうしたらいいんでしょうか?

保育士資格を取得するには、指定保育士養成校を卒業する。または保育士試験に合格するかの2つの方法があります。

指定保育士養成施設の目的は「児童の保育および児童の保護者に対する指導を行う専門的職業としての保育士の養成」としています。その指定基準はとても厳しく、保育に関する専門的知識や技術はもちろん、豊かな人間性を身につけるにふさわしい高等教育機関として認められなくてはなりません。

保育士試験は、各科目で合格点が取れれば、人数に制限なく合格することができる試験です。試験は年に1度、筆記8科目と実技2科目で実施されます。
現在では養成校の数が増加しているので、試験によって保育士になる人の数は少なくなっています。

   
posted by ghuiw at 12:20 | 保育士について

2007年04月03日

保育所と幼稚園の違いは?

保育所と幼稚園はどう違うんでしょうか?

保育所と幼稚園では管轄が違います。保育所は厚生労働省が管轄する児童福祉施設であり、幼稚園は文部科学省が管轄する学校教育施設です。

・保育所
保育所は児童福祉施設であり、保護者が仕事や病気などの理由で保育に欠ける状態であることが入所の条件となります。保育所に入所する際、市町村が入所の可否を判定するため、市町村と保護者の間で契約を交わします。

・幼稚園
幼稚園の場合には、基本的に入園に関する条件はなく、私立などで試験があるところは、試験に合格すれば誰でも入園ができます。この場合は保護者の面接も重要です。契約は幼稚園と保護者との契約になります。

対象年齢は、保育所は子どもを預かることが目的の施設です、ですので子どもの対象年齢は0歳からですが、幼稚園は教育することが目的なので、3歳からになっています。

   
posted by ghuiw at 10:32 | 保育士の予備知識

2007年04月02日

保育士の勤務時間

保育士の勤務時間に関してはどうなってるんでしょうか?

ほとんどの保育士は一般の公務員と違ってシフト制になっていて、不規則な勤務体制になっています。

保育士の勤務時間は一般の公務員と同じ8時間ですが、保育所の開所時間に合わせて、時間を少しずらしながら交代で勤務する形態がとられています。だいたい5通り以内のローテーションを採用しているのが一般的ですが、私営の保育所や東京23区、政令指定都市などにある保育所などではローテーションの種類が多くなる傾向があります。

11時間を越える延長保育を実施する保育所などでは、常勤保育士と短時間保育士を組み合わせて対応する形をとっています。

   
posted by ghuiw at 10:49 | 保育士の予備知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。